神戸市西区にあるワイン用葡萄の栽培ボランティア


by kobe-budou

4月8日 蔓切り作業

2012年度の第1回目、新しくご参加いただいた方を含め、総勢22名での作業となりました。
神戸ワインのスタッフの説明を聞いた後、早速畑へ。
お花見日和のよいお天気の下、葡萄畑での作業となりました。
f0234452_811139.jpg
f0234452_81188.jpg
今回は、ワイヤーに残って硬くなってしまった蔓を鎌を使って取り除く作業です。上を向いての作業なので、首や肩がつらいけれど、いつもきれいな青空が目に入ります。
f0234452_84127.jpg
みんなで自己紹介!
f0234452_812462.jpg
途中、何度か休憩をしながら、あっという間に時間が過ぎました。
f0234452_814428.jpg
足もとには小さな草花が花を咲かせています。
f0234452_815056.jpg
葡萄の枝からも涙が。。。
これは、剪定した枝から葡萄が吸い上げた水分が流れ出たもの。葡萄もそろそろ目覚めて活動を始めたようです!
f0234452_815713.jpg


次回の作業は、『芽かき』です。
この作業は、葡萄の発育状況によりますので、5月第2週目か第3週目の日曜か、まだ判断がつきませんので、4月終わり頃にご連絡させていただきます。
よろしくお願いいたします。

[PR]
# by kobe-budou | 2012-04-11 08:01 | 活動日誌

4月の作業予定日

4月の作業予定日は、8日(日)です。
作業内容は、3月と同じく蔓取り作業を行います。

新しく参加ご希望の方は、こちらの記事をお読みになったうえ、お申し込みください。
→ clic
f0234452_21171986.jpg

[PR]
# by kobe-budou | 2012-03-13 21:14 | 作業予定日ご案内

3月の活動

3月11日 蔓取りの作業を行いました。
去年ワイヤーの巻きついて取れなくなった蔓を取る作業は、直接葡萄の樹に触れることなく、地味な作業ですが、葡萄が健康に育っていくのに必要な大切なのです。
f0234452_7564176.jpg
お父さんに鎌の使い方を教えてもらいながら、作業開始。
f0234452_7564771.jpg
ワイヤー残った蔓がそのままになっていると、そこから雨水が今年新しく延びてきた葉や実の上に滴り落ちて、その部分が黒斑病(カビによる黒い斑点が発生する)になってしまうのだそうです。
f0234452_7572444.jpg
日焼け防止スタイルは、この方をお手本に↓
また、払って飛び散る蔓が服の中に入ってくるのも防げます。サングラスをして行うのもいいかもしれません。
f0234452_757323.jpg
先月、剪定した枝は、こんな感じ。
f0234452_7575158.jpg
本日参加のみなさん。ずーっと上を向いての作業だったので、翌日の肩がちょっと心配。
でもいつもより、空を見る時間が長くて変わりやすい春のお天気をしっかり感じられました。
f0234452_7575930.jpg

[PR]
# by kobe-budou | 2012-03-12 07:58 | 活動日誌

3月の作業予定日

早いものでもう3月です。
3月の作業は、「蔓取り作業」です。昨年のかたくなってしまった蔓がワイヤーに巻きついて取れていないものを鎌で取っていきます。ちょっと地味な作業ですが、今年の葡萄が元気に育つ為には欠かせない作業です。
3月11日予定です。
*新規加入の方は、4月からのご参加となります。
[PR]
# by kobe-budou | 2012-03-03 08:40 | 作業予定日ご案内
2月15日付けの神戸新聞に活動をご紹介いただきました。
f0234452_8362576.jpg

新しくご参加いただく皆様、4月からどうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
# by kobe-budou | 2012-03-03 08:37 | 活動日誌